新たな生き物が捕れました! NEW

2021.07.06

 青田川の上流域に行きました。入った場所の妙高市側は,「青田」と呼ばれる地域で,青田川の名前の由来になったところです。

2年ぶりのプール!! NEW

2021.07.06

 念願のプール開き!昨年度は,水泳の授業ができなかったので,2年ぶりの水泳授業になりました。

米作り,バケツと田んぼでチャレンジ! NEW

2021.07.06

 米作りの再スタートを切ったきぼう学年では,学校の田んぼを使う代わりに,バケツ稲に挑戦することが決まりました。iPadを使って,バケツ稲について調べ学習を行ったり,バケツの中で土と水を混ぜて苗を植える準備を行ったりしました。バケツ稲の田植えでは,慎重に苗を扱いながら,優しく植える様子がたくさん見られました。

発見!関川がもたらす水の恵み NEW

2021.07.06

 「水」に焦点を当てて探究の活動を進める中で、子供たちから「用水」という言葉が度々聞かれました。用水の役割については、論理社会の米作りの学習でも学んでいます。私たちのくらしにとって大切な水の通り道である用水。その用水が、関川からどのようにつながり、私たちの周りに水を運んでいるのか、実際に見てきました。

発電チャレンジ!理想の発電所づくりに向けて NEW

2021.07.05

 6年生は「電気」「エネルギー」をテーマに探究を進めています。
 まずは,風力発電や水力発電,人力発電などの模型づくりにチャレンジしていきました。実際に作ってみた模型でLEDが光ると,チームのみんなと喜び合う姿もありました。
 そして,試行錯誤する中で,どのように電気が生み出されているのか,どんな発電が自然にも人にもやさしいのかを考えていきました。
 

高田の春のときめきやさん大盛況! NEW

2021.07.02

 6月17日の出店当日を迎えました。天候に恵まれ,二七の市は多くのお客さんで賑わっていました。子供たちも,それぞれのお店ごとに準備を進めます。

高田のときめきやさんの準備をしよう! NEW

2021.07.02

 高田の春のときめきを見つけてきた子供たちは,「見つけたときめきをたくさんの方に伝えたい!」と考えました。そこで,「春のときめき」を商品にして,二七の市で売ることに決めました。7つのお店に分かれ,商品作りを始めました。

生き物の飼育をしよう NEW

2021.06.29

 青田川に入って捕まえた生き物を種類別に水槽に分けました。廊下にズラリと並んだ水槽。これまで調べて学んできた飼育の仕方を,いよいよ実践していきます。

さらなる生き物を求めて NEW

2021.06.29

 iPadで自分が担当になった生き物の画像や動画を撮りました。記録としてデータを残していくことで,生き物の変化に気付いていくことができればいいなと思います。

にじっこおやさいパーク!活動スタート! NEW

2021.06.22

 今年度の探究がスタートしました。「自分たちの畑にたくさんの人が来てほしい」「野菜を作りたい」「作った野菜を食べてほしい」「来てくれた人がにこにこになってほしい」…子供たちの様々の願いから始まった「にじっ子おやさいパーク」。
 今週は引き続き,パークの整備をしました。先週,畑を訪れた際,「雑草が多いこと,土が固いこと,今のままでは野菜は植えられないこと」に気付いた子供たちです。どうすればよいか話し合う中で,雑草を抜くことの意味やスコップで土を掘る必要性について,伝え合いました。実際に活動が始まると,子供たちは,熱中した様子で最後まで頑張りました。

おやさいを植えました! NEW

2021.06.22

 5月11日(火),おやさいパークにトマト,ミニトマト,きゅうり,スイカ,カボチャの苗を植えました。これまで,子供たちは,自分たちの理想のおやさいパークについて話合いを重ねてきました。「味わう」「採れたて体験ができる」「調理できる」「みんなで楽しめる」…みんなの思いを実現するために,悩み考え,選んだ野菜たちです。また,野菜を植えるために,土おこしから,堆肥まき,畝づくり,マルチ張りなど,様々な準備を頑張ってきました。
 

久保田農園を訪れたよ! NEW

2021.06.22

「にじっ子おやさいパーク」の野菜がすくすく育っています。しかし,育てている過程で,ミニトマトが風の影響で折れるという問題や「トマト・キュウリの水はどのくらいあげたらよいのか?」「スイカは雨にあててはいけないのか?」などの疑問が生じてきました。
 そこで、5月18日(火)に久保田農園に行ってきました。野菜の育て方を直接見たり,質問をしたりして自分たちの疑問を解決することが目的でしたが,久保田さんからトマトの収穫体験もさせていただくことができ,子供たちは大喜びでした。赤く熟したトマトをじっくり選び,切り落としたトマトを手にした子供たちは「重たい!」「赤い!」「トマトのにおいがする!」と収穫体験の喜びを感じていたようでした。
 

南風の影響を受け…パークの危機を乗り越えろ! NEW

2021.06.22

 6月4日(金)の朝の出来事でした。その日は,夜中から蒸し暑く,強い風が吹いていました。にじっ子おやさいパークでも,その被害は起きていました。風でマルチシートが剥がされ,トマトやきゅうりも突風にあおられ,今にも倒れそうでした。その様子を見た子供たちは,力を合わせながら剥がれたマルチシートを止め直し,倒れそうなおやさいたちを必死にひもでつなぎ止めました。しばらくすると,子供たちは自分が着ていたレインコートを野菜にかぶせ,「何としてでも風から野菜を守るんだ」という思いをもち,その場に立ちすくむ様子が見られました。おやさいのために土をおこし,大切に育ててきたおやさいへの温かい思いがとても強く感じた瞬間でした。

第1回 にじリンピック開催! NEW

2021.06.22

 先週の「こころ」の授業では,4・5月の振り返りをしました。なかよし班での活動や,探究での活動が充実した一方で,2学年間での助け合いが不十分だったという意見が多く挙がりました。そこで,にじ学年のみんなが「楽しめる」「助け合える」,そして「にこにこ」になれるよう「にじリンピック」を,年間通して実行していくことになりました。

ひまわりっ子の探究スタート! NEW

2021.06.22

 3年生の探究の学習を始めるにあたり,これまでの探究の学習について振り返りました。1年生でのヤギの飼育や「やぎさんらんど」のこと,2年生でのお野菜さんの栽培や「青空ひまわりレストラン」のことをたくさん紹介してくれました。また,これまでの3年生がどんな探究の学習をしていたのか話をしました。朝市や本町商店街など地域について学習していたこと,3年生は学校の外に出て活動していたことを知ると,「自分たちも学校の外に出て活動したい!」という気持ちが高まりました。高田に住んでいるのに,朝市や本町商店街のことがよく分からない,もっと知りたいと子供たちは考えました。そこで,ひまわりっ子の今年の探究は「高田のときめきめぐり」に決定!
 高田のまちでどんなときめき(ドキドキワクワクし,その季節にしか味わえないもの)を発見できるのか,これからの活動が楽しみです。

生き物が捕まらない?! NEW

2021.06.22

 いよいよ青田川に入って,生き物を捕まえることに。活動場所に向かう途中,川には気持ちよさそうに泳ぐ鯉の姿が!それを見て,スマイルっ子のテンションも右肩上がり!ワクワクドキドキしながら,活動場所に向かいました。
 水の中に入ってみると・・・「冷たーい!!」みんな口をそろえて叫びました。「生き物を捕まえたくても,川の中に入っていられない」「こんな冷たさじゃ,生き物いないんじゃない?」
 結局,1回目の生き物捕獲作戦は失敗に終わりました。
 ゴールデンウィーク明けの2回目の捕獲作戦でも,川の水は冷たく,思うように生き物を捕まえることができず,「どうしたら,生き物を捕まえることができるんだろう?」,そんな問いが子供たちから生まれました。

動物さんが 来るよ NEW

2021.06.17

5月13日に子ヤギ1頭と子ヒツジ1頭をそら学年の仲間に迎えました。子供は、「飼育小屋を片付けなくちゃいけない」「何を食べるんだろう?」「ちょっと怖いんだけど…」「ビールケースでヤギを作ってプレゼントしたい」と、様々な気持ちをもちながら、活動を続けました。これまでに自分や仲間が楽しむためにつくってきた遊び場も、動物さんも楽しめるようにつくり変えようとアイデアを出し合っていました。
 動物さんのごはんや活動でつかう道具などのことで、保護者の皆様に、子供からお願いをすることがあると思います。子供たちの活動がよりよくなりますように、是非ご協力をお願いいたします。

ようこそ,ヤギさん,ヒツジさん! NEW

2021.06.17

 5月13日に1年生の仲間として,ヒツジさんとヤギさんを迎えました。子供たちは,12日の迎える準備をしている段階から,とても楽しみにしていました。大手町小学校のグラウンドにトラックが入ってくると,子供たちは歓声をあげていました。そして,トラックの中から,子ヒツジ1頭と子ヤギ1頭が出てくると大興奮。「すごくかわいい!」,「思っていたよりも大きい」,「早くさわりたい」など,口々につぶやいていました。中には,「予想以上に大きく(両手の中に入るくらいだと予想していた子もいたようです。)こわいな~」と涙ぐむ子もいました。どの声も子供たちの正直な気持ちだと思います。

楽しい!リュウ先生の外国語活動! NEW

2021.06.17

 6月3日(木)には,小学校に入学して初めての「ことば(がいこくご)」の授業がありました。音楽でも踊った「セブンステップ」の曲を英語でまねして歌ったり,踊ったりすることから授業を始めました。1~7までの数字を英語で言いながら,楽しく歌いました。次にALTのリュウ先生の自己紹介を聞いて,「好きな言葉は?」「好きなゲームは?」と,さらに質問をしたり,「How are you?」の表現をつかってあいさつをしたりして,楽しく活動しました。また,リュウ先生から特技のマリオの物まねも披露してくだり,さらに盛り上がった子供たちでした。職員室の先生にも「How are you?」と聞いて,言えるようになったことを喜ぶ姿が見られました。今後も,楽しく外国語に触れていけるように活動を進めます。

4年生になって NEW

2021.06.14

 学年目標を話し合いました。当校の教育課程の基盤である「自立」と「共生」。今回は,子供たちにとっては,少し難しいこの言葉を説明し,この言葉をもとに学年目標を考えました。
 今年度のスマイル学年の学年目標は・・・
 「自ら行動 みんなで協力 個性を生かして つながるスマイルっ子」に決定しました!

「5年生」がスタート!! NEW

2021.06.11

 5年生になって,教室の場所が3階から4階に変わり,一つ学年が上がったきぼう学年の子供たち。「高学年になって緊張しているかな?」と思っていましたが,学年としては,柔らかく明るい雰囲気でスタートすることができています。
 4年生から5年生に進級するにあたり,クラス編成をしたため,クラスメイトの顔ぶれも少し変わっています。「ことば(日本語)」の時間では,友達の好きなことを紹介し合う活動を行いました。笑顔があふれ,楽しい雰囲気で新学年のスタートを切ることができ,担任としても一年間がさらに楽しみになってきました!

1年生とのふれあいタイム NEW

2021.06.11

 大手町小学校では,4月に「1年生とふれあい週間」が設定されています。きぼう学年の子どもたちに「1年生」について聞いてみると,「分からないことがたくさんだと思う・・・。」や,「友達できるかな・・・って心配だと思う。」など,新しい環境に不安を感じる1年生の気持ちを想像して,思いやろうとする意見がたくさん出ました。
 そこから,きぼう学年として1年生のために何ができるかを話し合いました。「1年生に不安なことがあったら,なくしてあげたい。」「1年生に,笑顔になってほしい!」「ぼくたちの顔と名前を覚えてほしい。」その3つの思いを柱として,実行委員を中心に活動を企画し,みんなで準備に取り組みました。

米づくりで,水にかかわる問題に直面 NEW

2021.06.11

 「学校の田んぼが使えない・・・!?」そんな話が耳に飛び込んできました。
 きぼう学年が意欲を燃やしている,探究活動の米づくり。田んぼは学校内にあり,学校の田んぼを使おう!とみんなで決めてからは,朝や休み時間に田んぼの様子を見に行く子がたくさんいました。
 しかし,学校の畑や田んぼの近くの水道管に故障が見つかり,工事が必要になってしまったこと。学校の田んぼの底に敷かれているブルーシートが予想以上に劣化しており,水漏れの心配が大きいこと。それらの修繕には時間とお金が掛かり,このままだと,きぼう学年が一生懸命頑張ってお世話をしたとしても,環境のせいで米作りがうまくいかないかもしれないということ。
 米づくりをするにあたって,水にかかわる問題がいくつもあることが分かりました。
 それらについて,教頭先生が,子供たちに丁寧にお話してくださいました。

今年の探究スタート!! NEW

2021.06.10

 今年度1回目のスマイル会議。「今年の探究どうする?」ということで,意見を出し合いました。いくつかの意見が出た中で,「青田川をテーマにしたい」という意見が多数。さらに会議を進めていき,他のテーマを考えた子供たちも青田川をテーマに納得。
 いよいよスマイルっ子の今年の探究,スタートです!

PAGE TOP